初候  虹蔵不見(にじかくれてみえず)11月22日〜26日

一年を四つに分けたものを四季、四季を六つに分けたものを、二十四節気、二十四節気を三つに分けたものを七十二候と言います。昔の人はこの暦を見ながら、種まきをしたり、漁に行く準備をしたり、冬支度をしたりしていました。まさしく先人の知恵ですよね。その季節にあった自然のものを食べ、目で見て、感じながら五感を育まれたのではないでしょうか。

11月22日から12月6日頃までは二十四節気のなかの小雪(しょせつ)になります。

七十二侯では11月22日〜11月26日頃までは小雪(しょせつ)のなかの虹蔵不見(にじかくれてみえず)になります。虹が見かけなくなっていきます。

この時期の運気アップ情報として、

植物 林檎

   野茨(ノイバラ)

魚 くえ

動物 鴛鴦(おしどり)

等を目にしたり、食したり、嗅いだりして五感で感じる事で運気アップにつなげてくださね。

生年月日でわかる暦で、自分の性格診断、相性診断、毎日の運気で良いことを引き寄せたり、災いを最小限にする事とが出来ます。

自分の人生をより良くするためのアドバイスシートの来年度の100人モニター募集中です。

ただいまモニター価格で100名様まで5、000円で募集しています。(定価20,000)

お申込先  https://yukiyanagi.ocnk.net/product-list/1 

関連記事

  1. 二十四節気「秋分」に入りました。

  2. 魚上氷(うおこおりをいずる)

  3. 第二十二候「蚕起食桑 (かいこおきてくわをはむ)」 5/21~5/25…

  4. コットンの花

  5. 白露 初候 草露白

  6. 熊蟄穴(くまあなにこもる)

  7. 二十四節気「寒露」に入りました。

  8. 二十四節気  夏「芒種 (ぼうしゅ)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。