鶺鴒鳴

二十四節気を3つに分けたものを七十二候と言い昔の人はこの暦を見ながら、種まきをしたり、漁に行く準備をしたり、冬支度をしたりしていました。まさしく先人の知恵ですよね。その季節にあった自然のものを食べ、目で見て、感じながら五感を育まれたのではないでしょうか。

9月7日から9月21日までは二十四節気のなかの「白露」(はくろ)になります。

七十二侯では9月12日〜16日頃までは、白露の中の次候鶺鴒鳴」(せきれいなく)の時期になります。

 

鶺鴒が恋の季節を迎える頃で、日本神話の神イザナギ、イザナミに男女の交わりの仕方を教えたともつてられていて、「恋教え鳥」とも呼ばれたいます。

この時期の運気アップ情報として、

植物 梨、おしろいばな

魚 アワビ

等を目にしたり、食したり、嗅いだりして五感で感じる事で運気アップにつなげてくださね.

 

……………………………………………………………………………………………………………..

自分で暦が読めるようになりたい方には、コヨミストワンディ講座

自分の性格や、相性占い、2021年末までの引っ越しや、吉方位旅行や、開運散歩、開運のためのアドバイスが満載のアドバイスシート

暦を勉強して、自分お将来設計に役立てたい、人に教えて収入を得たい.

そんな方はぜひこちらから。

お申込先  https://yukiyanagi.ocnk.net/product-list/1 

 

関連記事

  1. 鴻雁来(こうがんきたる)

  2. 五節句の一つ重陽の節句

  3. 二十四節気 「晴明」春

  4. 二十四節気 「立秋」

  5. 第十二候「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)」

  6. 五行で見るお姑さんとの付き合いかた・・・おまけ

  7. 日本昔話「雉も鳴かずば撃たれまい」

  8. コットンの花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。